銀行系との違いとは

カードローンといえば消費者金融のイメージが強いですが、最近は銀行系のカードローンも注目されています。とはいえ、やはり実際に利用者が多いのは消費者金融のカードローンの方です。両者は同じカードローンでも、いくつかの違いがあります。

 

銀行系のカードローンの特徴として金利が低い点はよく注目されます。同じカードローンを組むなら金利が低い方がお得に利用できます。銀行系のカードローンが選ばれる理由は主にここにあります。

 

ただし、銀行系のカードローンは金利が低い分、審査も厳しいと言われています。確実に借りたいという人や審査に不安がある人には向いていません。

 

消費者金融と銀行系のカードローンの違いは、金利と審査だけではありません。消費者金融の方が、審査時間が短く、急ぎの融資に向いているといえます。特に急ぎでお金が必要であれば、融資まで時間がかかる銀行は向いていないといえます。

 

また、カードローン申込み時には在籍確認の電話があります。職場に電話がかかってくるので、これを嫌がる人は多いです。銀行系のカードローンは基本的に在籍確認の電話を避けられません。しかし大手消費者金融の場合、相談によっては在籍確認を電話以外で対応してくれるケースもあります。

 

銀行系と銀行そのものは別となるため、銀行系ではなく銀行で借りたい方は主婦対応のイオン銀行カードローンなどを確認してみましょう。