金利が高いというのは本当?

消費者金融のカードローン利用者は多いですが、金利が高いというデメリットがあります。それが嫌で銀行系のカードローンを選択する人もいます。しかし、消費者金融のカードローンで払う利息は、利用の仕方によって大幅に変わります。

 

大手消費者金融の金利は確かに高めです。初回借入時では多くの契約者が金利18.0%で借入れを行います。一方銀行の場合には14%台が一般的なのでやはり銀行と比べて消費者金融は金利が高めだといえそうです。

 

しかし、カードローンの金利は年利に対する日割り計算で行われます。例えば金利18.0%で10万円借入れした場合、1年でかかる利息は18,000円です。しかし、実際の利息は借入残高に対する日割り計算で行われます。最初の1カ月でかかる利息は、約1,500円程度です。10万円に対しての割合で言うとたったの1.5%です。消費税と比べても大幅に低い利息となります。

 

例えば1か月後に返済を多めに行って、借入残高が5万円になったとします。次の1か月後の返済時にかかる利息は、5万円に対しての1.5%で、750円しかかかりません。借入残高を減らしていけば、1カ月でかかる利息はどんどん減っていきます。

 

逆に、借入を繰り返していけば、かかる利息も増えていきます。50万円借入残高がある場合、1カ月でかかる利息は7,500円です。利息を抑えたいのであれば、金利よりも借入残高が重要なのがわかります。

 

それでも金利が高いと感じるなら低金利への借り換えやおまとめローンでの借り方もあるので、消費者金融は金利が高いと利用を諦めることはありません。